■ 硬化療法 スケジュール
  ■ 硬化療法 施行症例
  ■ 硬化療法 治療効果
  ■ 硬化療法後の合併症
  ■ 硬化療法の比較
  ■ まとめ

 ■  硬化療法 スケジュール

経 過 硬化療法 診  察 点  滴
(抗生剤+止血剤)
初診 第1回
1週    
2週 第2回
3週    
4週 効果測定  
※ 硬化療法は 2週間ごとに追加する



 ■  硬化療法 施行症例  
平成10年9月〜平成12年5月

性 別 人 数
男 性       73
女 性       52

平成12年6月〜平成20年6月

性 別 人 数
男 性       705
女 性       626

平成10年9月〜平成20年6月

延べ硬化療法回数 2440回 1456症例


手術名 手術数 
Braatz法併用       71例     
痔核根治術      424例 
痔瘻根治術      255

平成22年12月1日〜平成23年11月30日

手術名 手術数 
硬化療法      231例     
Braatz法併用        4例     
痔核根治術      149例 
痔瘻根治術       12
その他       59
合  計      455
※その他:肛門周囲膿症・肛門疣・肛門ポリープ・裂肛など


 ■  硬化療法 治療効果
平成10年9月〜平成12年5月 200回施行のうち

判 定 直接判定 自覚症状
間接判定
悪くなった   0%   0%
変わらない   4%   4%
良くなった 40  32% 15  12%
痛みが消えた 80  64% 105  84%
合  計 125 100% 125 100%



 ■  硬化療法後の合併症
平成10年9月〜平成12年5月 200回施行のうち

合併症の症状 回数 割合
硬化療法直後 気分が悪い 10回  5%
  肛門部の痛み  6回  3%
  出血  0回  0%
その他の症状 腹部膨満  4回  2%
合  計 20回 10%



 ■  硬化療法の比較


従来の硬化療法 モリコーンを使用した
新しい硬化療法



 ■  ま と め

 内痔核に対するモリコーン使用の新しい硬化療法

  1. 内痔核患者125例(平成10年9月〜平成12年5月)に対して、200回の硬化療法を外来にて施行した。

  2. 硬化療法による合併症はほとんど皆無であった。
    治療効果は、直接的判定では改善以上90%であり、患者の自覚症状による間接的判定でも95%以上改善が認められた。

  3. モリコーンを利用した硬化療法は従来の方法とまったく違い、簡便・安全に合併症もなく施行できる新しい治療方法と考える。